ロンドンうろうろ
uroulondon.exblog.jp

蚤の市やチャリティショップから連れて帰ってきたものたちを綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
<名前>
 u
<出身>
 京都
<これまで住んだところ>
 大阪、東京
 カナダ、エチオピア
<いま住んでいるところ>
 ロンドンの下町
<家族>
 英国人の夫と息子
<趣味>
 古い雑貨の収集
 料理

メールはこちらまで
 
リンクフリーです。
Twitterでもつぶやいています。

Twitter / Londomania
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:旅 ( 8 ) タグの人気記事
弘法さんと天神さん
昨年のことになりますが、3週間ほど日本に帰りました。
帰国するのは2年以上ぶり。
息子との長時間フライトが恐ろしくてなかなか決心がつかなかったのですが、
帰ってよかったーーー!
すっごく楽しい毎日でした。
日本って、ご飯もおいしいし、言葉も通じるし、冬でも日が長いし、
ペットボトルのお茶はどこでも買えるし、ゴミは落ちてないし、
コンビニはいっぱいあるし、つくづくいい国ですよね。

夫と息子は、電車の車両から運転席が見られるのにめっちゃハマってました。

2年間書き溜めておいた食べるものリストも買うものリストも
当然ながらすっごく長くなっていましたが
実家に帰るときの行きたいところリストの筆頭はいつも弘法さんと天神さん。
東寺と北野天満宮の門前市です。

b0170666_7315525.jpg


ほんまにいっつもすごい人。
でも掘り出し物もいっぱい!

b0170666_7323327.jpg


食器好きにはたまらないでしょう~。
昔から財布の紐がゆるくなる場所だったけど、海外に住んでいると
「いま買わな次いつ買えるかわからへん」
「イギリス帰ってから後悔するのんいやや」
という切迫感が強くなって、さらに歯止めが利かなくなります。

そんなわけで、2回とも(物を買うのに思い切りのいい夫も一緒だったこともあり)
ものすごい大量に買い物しました。
スーツケース3つ分は、弘法さん&天神さんの勝利品で埋め尽くされることに・・・。
ああ、たのしかった。

勝利品の一部を紹介します♡

b0170666_737202.jpg


今回の目的の一つがちゃんとした漆器のお椀を買ってかえることだったのですが、
これはかなりのお気に入り。
桐の箱入りでちゃんとした塗りなのに、なんとたったの500円・・・。
その場にあったのを全部買ってきました。
(蔵から出てきてん、価値わからんしお姉ちゃん持っていってって言われたけど
ほんまにいいの?って感じでした・・・。)

b0170666_7424715.jpg


これは買ったものじゃないけど、実家に眠っていたのを譲り受けることに成功。
5客あったので、妹が2客、うちが3客。
ぼろぼろで使うと塗りがはげてくるので、観賞用です。
このほかにおわんはあと3種類(5客、3客、3客)門前市で買って
合計21客イギリスに持って帰ってきましたよ。
アホですよ。

b0170666_7434937.jpg


まめ皿大好き。
眺めてるだけで楽しいですよねー。
これは全部けっこう古いものじゃないかなあ。
(一番上のはてっさい堂さんで買ったもの。)
下にひいてるお盆も弘法さんで購入。
これは新品です。

まめ皿も以前から少しづつ集めていましたが、今回の帰国で突然集めだしたのが
そば猪口。
収集してる人が多いので骨董市でもわりといい値段がついていて
なかなかお手ごろ価格では手に入らないのだけれど、
自分予算の中で気に入ったものをいくつか買いました。

b0170666_7495466.jpg


帰りの飛行機では「そば猪口図鑑」を熟読しました。
ちょっとは詳しくなったので、今から次の骨董ハンティングが楽しみで仕方ないな。
一番左のんは、「そば猪口辞典」に載ってるのを発見。
1ミリ単位で寸法一緒やし、模様も、底の形も全部一緒やし、
同じセットもので間違いないと思います。
きっと沢山作ったうちの一杯が巡り巡ってイギリスのわが家に来たのでしょうね。
1780年代の有田で、大阪日本民芸館に実物があるそうなので
一度見に行きたいと思っています。

あとは、薬缶とか花瓶とか箸置きとか。
使い勝手のいいお皿もいくつか購入。

b0170666_832243.jpg


骨董じゃないけど、京都に帰ったら必ず買ってかえるのが
四条堺町下がるにあるお箸やさんのみやこ箸すす竹と、
三条大橋のたもとの棕櫚箒のお店の束子と卓上箒。

b0170666_83036.jpg


こういうのんも好きすぎる。

思い返すとまたすぐに帰りたくなるけど、長時間フライトを思い出すと
2年に1回くらいでええか、とも思うのよね・・・。
[PR]
by londomania | 2012-01-11 08:09 | 食器
Pyrexのキャセロール&プレート
お久しぶりです!
1ヶ月に1回は更新するという今年の抱負はどこへ?という
鋭い指摘を受けたので、あわてて更新します(笑)
今でも順調に週末のマーケット通いでガラクタは増え続けていますが、
今回は旅先で見つけたパイレックスのご紹介~。

その場でiPhoneで撮ったものなので写真はイマイチですが、
とりあえず更新を優先します・・・。ごめんなさい!

夫の親戚が住んでいるので年に1回くらいウェールズには行っているのですが
このたび親戚の家からの帰りに初めて観光らしいことをしました。
行ったのはHay on Wyeという古本で有名な町。

b0170666_5421.jpg


町中に書店や、古書店や、無人本棚などがあって
本好きにはたまらないところです。

b0170666_555856.jpg


そして、古いものは古いものを呼ぶのか
書店以外にアンティークやヴィンテージショップも沢山ありました。
当然ながら、中をチェック。

b0170666_585775.jpg


上の写真のお店はかわいかったけど、
けっこうロンドンより高い値段がついていたりして
意味ないし・・・と。

この赤いキャセロールは蓋なしだけど、確か2ポンドくらいだったので
さくっと購入♡

b0170666_5103223.jpg


オールドパイレックスは色つき無地が
一番かわいいと思っているのでうれしー。
ミルクガラスに色が吹き付けてあるこのシリーズは
Weardaleという名前で、50年代の終わりに生産が開始されたものです。

Weardaleはピンクと黄色と水色の3色展開なのですが、
同じ色つき無地キャセロールでも
オレンジとターコイズのシリーズがあって
(オレンジが2001、ターコイズが2002という名前だと思う)
そちらは、蓋が花柄でとってもカワイイのです。
catswhiskersさんのところに2001の写真があるので、ぜひ♡
ちなみに、わたしが買ったキャセロールの耳みたいな持ち手は
Easy Gripというのですが、
60年代に入るとスクエアな持ち手のSpace Saverが主流になります。
なので、耳の方が古いのよー<catswhiskersさん。

残念ながらわたしのキャセロールとセットなのは
地味な透明フタなので、
適当におじさんのところでサイズが合うそうなのを拾ってくる予定です。



この日はとってもついていて、
ドライブ中に通りかかったカーブーツでもお皿を発見♡♡

b0170666_5383835.jpg


しかも50ペンスでした。

このお皿と前にアップしたグレービーボートは透明ガラスに色が吹き付けてある
Colourwareというシリーズ。
とっても剥げがちなシリーズなので(若干スクラッチがあるとはいえ)
まあまあ綺麗な状態だったのが嬉しかったです。

ウェールズはイングランドと言葉が違っていて
(南の方は英語を話す人の方が多いみたいだけど)
表札も二ヶ国語表示。

b0170666_66283.jpg


そして、お城が沢山あって、羊が沢山います。
いいところです。

b0170666_6105697.jpg



☆おまけ

ちょうど5月だったので、この旅の帰りにブルーベルを見に
Forest of Deanに立ち寄りました。
ずっと見てみたかったブルーベル、
なんだか違う世界に迷い込んでしまったのかと思うくらい
幻想的で綺麗でしたよ。

b0170666_6153188.jpg

[PR]
by londomania | 2011-06-19 06:16 | 食器
ブログ停止中
最後に更新したのがずいぶん前のことになってしまいました。
ただいまカメラ故障中のため、ブログが停止しています。
5月中には何とかしたいと思っているので
もうしばらくお待ちくださいませ・・・。

Twitterで一度公開したものもありますが
少し前に散歩しながら撮った近所の風景です。
どこなのか、わかる方にはすぐわかると思いますが
それは心にしまっておいて下さいね。

b0170666_6552345.jpg




b0170666_6555688.jpg




b0170666_6562161.jpg




b0170666_657383.jpg




b0170666_6593362.jpg




b0170666_659515.jpg

[PR]
by londomania | 2010-05-04 07:01 | その他イギリス
Ryeにて
番外編が続きます。
先日、夫が平日に休みを取ったので
ずっと気になっていたイングランドの古くて小さな村
Rye(ライ)に行って来ました。

古い建物と石畳が続く町並み。

b0170666_6413114.jpg


b0170666_65098.jpg


b0170666_6414028.jpg


なんだかカワイイものも。

b0170666_6372719.jpg


b0170666_6503416.jpg


b0170666_6375297.jpg


b0170666_650559.jpg


こういう細い道があると、思わず入ってしまいます。

こっちも・・・。

b0170666_6524857.jpg


目的もなく、うろうろ歩き回るのは楽しい~。
それにしても観光地のはずのRyeなのに
平日とはいえ、なんだかがらーーーんとしてると思いませんか?

b0170666_6581560.jpg


実はこの日、ものすごく寒かったのです。
3月だけど真冬日のイギリス。
写真からもわかるように、お天気はどよーーん。
たまに太陽が出てくると、それだけでテンションがあがるくらい。

b0170666_6343364.jpg


その上Ryeに着いたのがすでに午後3時。
普通ならそろそろ撤収する時間ですよね。

ほら、そんなにゆっくり歩いていると
すぐに日が暮れちゃうよ~。

b0170666_711437.jpg


ね?

b0170666_744215.jpg


こういう寒い日は、さっさとパブで温まろう~。

ほんとは有名なマーメイド・インに行きたかったのですが
子供連れはお断り、とあっさり門前払いされました。
そんな気取ったパブは、こっちからお断りよ!!

(レストラン部分は子連れもOKだそうです。
でもまだオープンしてませんでした。)

そんなわけで、夫的に名前が気に入ったらしいこちらのパブへ。

b0170666_6451148.jpg


なんだか外の椅子とテーブルクロスがすでに可愛いわ。

b0170666_6461218.jpg


中はこんな感じ。
インテリアがなかなか素敵で、ガラガラなのをいいことに
写真をバシャバシャ撮ってしまいました。
(まるで息子の写真を撮るフリをして・・・小心者です。)

b0170666_7125628.jpg


b0170666_7131574.jpg


b0170666_7133372.jpg


b0170666_7134883.jpg


b0170666_7135995.jpg


なんだかこの感じ、知ってる気がする・・・と思っていたところ、
お手洗いに行って納得。

b0170666_715961.jpg


この壁紙・・・
キャス・テイストだったのね。

アンティークでも有名なRyeですから、
アンティークショップ巡りもとっても楽しみにしていました。
さすがに種類はとっても豊富。
本気アンティークじゃなくて
ヴィンテージのキッチンウェアや食器を集めたお店が多いので
見ていて楽しかったです。
オールドパイレックスやTGグリーンやホーンジー、
ホーローものや籠やちょっと古びた料理道具・・・。
こんなに一気に見られるのはロンドンでも珍しいのじゃないかしら?

b0170666_70452.jpg


でもねー、お値段が・・・。
可愛くなさすぎでした。
アンティークフェアで買ったほうがずっと安いです。
確かに、常設でこんなに充実した
ラインナップを見られるところは珍しいので
日本からの旅行だったら、いくつか買ってしまったかもしれないけれど
在住者から見ると、若干ボッタクリ感が否めないのでした。
[PR]
by londomania | 2010-03-18 06:23 | その他イギリス
番外編:リンカーン観光
まだお見せしたいPyrexものは残っているのですが
今回は少しヴィンテージグッズの披露をお休みして
先日訪れたリンカーンの写真を載せてみます。
今まで名前すら聞いたことがない町だったので(無知とも言います)
全く期待せずに、数時間ばかり立ち寄っただけなのですが
これがとってもとっても素敵なところだったのです。

Lonely Planetにも「交通の便が悪いので、みんなヨークに行ってしまう」
と書かれているリンカーン。
場所はこんなところにあります↓

b0170666_1722479.jpg


ロンドンからは車で4~5時間くらいでした。
町は急斜面の丘から成っていて、その頂上に大聖堂とお城が立っています。
大きなショッピングモールのあるハイストリートを抜け
石畳の坂道を上りだすと突然、
中世の通りがそのまま残っているかのような風景が現れました。

b0170666_17384089.jpg


この建物は12世紀のもの。

b0170666_17395369.jpg


白と黒のテューダー朝時代の家も多く残っています。

b0170666_17431392.jpg


それにしてもすごい坂。
Steep Hill(急斜面)という名前がついています(笑)
自転車もひと休み。

b0170666_17452276.jpg


ようやく大聖堂の前の広場に着きました。

b0170666_17463640.jpg


イングランドで3番目に大きい大聖堂は、
1072年にウィリアム征服王の命によって建設が始まったもの。
現在81メートルのタワーの上には14世紀に尖塔がつけられ、
1547年に嵐によってそれが壊れてしまうまでは
世界で一番高い建物だったそうです。
(ピラミッドより高かったのだとか。)

b0170666_17524920.jpg


入ってすぐには広いオープンスペース。
このときは椅子が並べられていましたが、
作り付けの座席のないこのようなスペースがあるのが
中世の大聖堂の特徴だそうです。

b0170666_17545350.jpg


この町のもうひとつの目玉であるリンカーン城は
残念ながら到着5分前に閉まってしまっていて
見られませんでした・・・
イングランドに4通のみ残るマグナカルタのオリジナルが展示されているそうです。

あちらこちらに小さなアンティークショップやスイーツのお店があり
古い建物を利用したパブや古い石畳も情緒たっぷりで
一晩泊まって、パブで飲んだ後
月明かりの中をそぞろ歩きたいような町でした。

わたしはあまり国内を旅行したことがないので
今年と来年の休暇はイギリス巡りをしたいと思っています。

おしまい。
[PR]
by londomania | 2009-09-09 18:22 | その他イギリス
Glasbakeのカスタードカップ
しばらく更新が滞っていてすみません。
うちの冷蔵庫が壊れまして・・・
日本ほど暑くないとはいえ、
この季節に冷蔵庫が使えないのはなかなか辛かったです。

夫婦2人だけであれば、新しい冷蔵庫が来るまで
いっそ外食だけで済ませてしまうのですが
うちには離乳食の子供が1人いるため、
毎日ひたすら使い切る分の買い物⇒
3食ご飯作りを繰り返しておりました。

しかも在留邦人の家はどこでもそうだと思いますが、
うちの冷凍庫にも、貴重な貴重な日本食材がたんまり入っていたんですよね。
特にその中でも私の宝物は、
なかなか手に入らないので見つけるたびに買いだめしていた
酒粕8袋・・・(笑)
酒飲み丸出しでございます。
これだけは絶対にムダにしたくないので
クーラーボックス総動員しながら
毎日粕汁&甘酒祭りでした。
なんて贅沢。
真夏なのに。


旅先から連れて帰ってきたもの、
最後はGlasbakeのカスタードカップです。

b0170666_46461.jpg


イギリスでも似たようなものは手に入るし、
若干地味キャラですが、使い勝手の良さはピカイチ。
料理の際のボール代わりに
食卓での小鉢代わりに、と
毎日出番があるエライ子です。
もっと沢山買ってこればよかったかも。
ほんとはあと2つ、Firekingのものも見つけたんですけど・・・
旅の途中で割れました。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
↑ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。


オマケ。旅の写真たちです↓

ニューヨーク、摩天楼

b0170666_4141075.jpg


メトロポリタン美術館

b0170666_4104584.jpg


クライスラービル、アールデコの殿堂

b0170666_4154255.jpg


MOMAで出会ったPyrex

b0170666_420183.jpg


アメリカを感じる看板

b0170666_4225347.jpg


サウスキャロライナ州、チャールストン

b0170666_4235795.jpg


ジョージア州、サヴァンナ

b0170666_4245629.jpg


ハワイ州、マウイ島ハナ

b0170666_4342891.jpg


泳いだジャングルの中の滝壺(底が見えなくて怖かった!!)

b0170666_4361190.jpg


おしまい

b0170666_437414.jpg

[PR]
by londomania | 2009-08-22 04:39 | 食器
Old Pyrexのボール
ニューヨークで一番楽しみにしていたのが、
マンハッタン、ヘルズキッチンの蚤の市。
そのためにムリヤリ土曜日を日程に組み込んだのですが・・・

当日は雨。
それも大雨。
嵐。

もちろん屋外のマーケットには人は全然いなくて、
出店しているストールも10店舗ほどだったでしょうか。
寂しい・・・。

それでもせっかく来たんだから!と
ズブ濡れになりながらストールを見て周り
このOld Pyrexのボールを見つけました。

b0170666_22595282.jpg


こういう単色のミルクガラスのボールは
イギリスのPyrexからも出ているのですが、
これまで出会ったことがありませんでした。
本や他の方のブログで見ては
出会いたいなーと思っていたのですが
実物は思っていたより可愛かった♪
そして、思っていた通り重かったのですが
ここで会ったのも他生の縁
見るたびに「ヘルズキッチンの蚤の市で買ったんやなあ」と思えたら嬉しいし、
と思い切って、一番小さいサイズの青2つを旅のお供にすることにしました。

ワンサイズ大きい赤も可愛かったのですけれど
大きすぎ&重すぎたので断念しました。
でも今写真で見ると、やっぱり買っておくべきだったと思いますねえ・・・。

ここから4週間、ずっとこの2つのボールを持ち歩いて
重いし嵩張るしと、なかなか大変でしたが
おうちのキッチンにおいてみるとやっぱり素敵。
連れて帰ってきてよかったです。

でも違う色も違う大きさのも欲しいので
どうぞこの先、イギリスでも
ミルクガラスのボールとの出会いがありますように。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
↑ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。
[PR]
by londomania | 2009-08-17 23:15 | キッチンツール
Glasbakeのフレンチキャセロール
旅から帰ってきました。
訪れたのは、アメリカ本土(ニューヨーク⇒ペンシルベニア⇒ヴァージニア⇒
ノースキャロライナ⇒サウスキャロライナ⇒ジョージア)に
ハワイ(マウイ島、オアフ島)
そして京都です。
ニューヨークで時間を使いすぎたために、
予定していたサンフランシスコには寄れませんでした(涙)

アメリカ本土はレンタカーでニューヨークから南部までひたすら南下する旅だったので
チャリティショップ(あちらでの名前はスリフトショップ)を見かけるたびに
お宝発掘しよう♪と思っていたのですが
思っていたよりも見かけず。
というか、思っていたよりもどれがスリフトショップなのかわからず。
けっこうなスピードで車を走らせているときに目ざとくスリフトショップを見つけて
車を止める、というのは、スリフト素人には難易度が高すぎました・・・。

そんなわけでアメリカでじっくり宝探しができたのは、
のんびり滞在していたマンハッタンだけ。
マンハッタンにはスリフトショップってそんなにないのかしら?と思っていたのですが
探せばわりとあるもので、
けっこうな数のスリフトショップを訪れることができました。
どこも、パトロールすればいい出会いがありそうな感じがしましたが
短期滞在で1回の訪問でも確実にいいものが見つけられそうだったのが
このスリフトショップです。
写真がゆがんでおりますが・・・。

b0170666_4542217.jpg


Vintage Thrist Shop
3rd Ave. Between 22-23 st.
(たぶん。場所間違っていたらごめんなさい!)

オシャレなミッドセンチュリーものが多く揃っていて、
見ているだけでも楽しかったです。
欲しくなるものは多々あれど、
重たいもの&大きいものは今後の旅行を考えても持ち運べないので
いろいろ悩んだ挙句に、
このGlasbakeのフレンチキャセロールだけ買いました。

b0170666_1701662.jpg


もう一目ぼれです。
こんな可愛いのんイギリスで見たことない!
形もだけど、この色合いがまたいいんですよね。
ミルクガラスなのもさらにそそります。

ただ、これ、ほんとは4つ買ったんですよー。
でも旅の途中で1つ割れてしまいました・・・(涙)
かなりショック。今でもショックです。
色はグレーでした・・・4色揃った姿は、ほんとにほんとに可愛かったのに。
たぶんイギリスでは出会えないので
いつかEbayでグレー買います。
あと蓋も買おう。

裏のロゴもアメリカンな感じでかっこいい。

b0170666_1741564.jpg


自分へのアメリカ土産です。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
↑ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。
[PR]
by londomania | 2009-08-15 17:08 | キッチンツール