ロンドンうろうろ
uroulondon.exblog.jp

蚤の市やチャリティショップから連れて帰ってきたものたちを綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
<名前>
 u
<出身>
 京都
<これまで住んだところ>
 大阪、東京
 カナダ、エチオピア
<いま住んでいるところ>
 ロンドンの下町
<家族>
 英国人の夫と息子
<趣味>
 古い雑貨の収集
 料理

メールはこちらまで
 
リンクフリーです。
Twitterでもつぶやいています。

Twitter / Londomania
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Old Pyrexのローリングピン
少し更新の間が開いてしまいました。
Twitterでフォローしてくださっている方には理由はバレバレですけど・・・
つぶやきすぎ!!
すみません。

最近マーケットの神様が光臨していて、前から欲しかったものが
じゃんじゃかじゃんじゃか出てきてくれているので
アップしたいものは沢山あるのです。
今回はこちら!
じゃじゃーん。

b0170666_9383374.jpg


オールドパイレックスのローリングピン(麺棒)です。
これ、バイブルのパイレックス本に見開きで詳しく紹介されていて
かなり前から探し続けていたものなんですよ。

本によると、JAJからはローリングピンが3種類発売されてまして
一番最初に出たのが、片側だけコルクが付いているもの。
中に水を入れて、生地を冷やした状態のままのばせるというのが謳い文句でした。

次に出たのがこの両側にコルクがあるタイプ。
本当は、コルクの外側に赤いストッパーが付いているはずなのですが
残念ながらそれは取れてしまったみたい。
しかもコルクがピッチリ嵌ってしまって取れないので
中に水を入れることができません・・・。

最後のタイプには両側がプラスチックのストッパーになっていて
コルクはなし。

それぞれ詳しい年代はわかりませんが
わたしが見つけたローリングピンのマークは
JAJなしの王冠+Pyrexだったので
1953年以降の数年間に発売されたもののようです。
(JAJパイレックスのマークと年代については
こちらの記事に詳しく書いていますので
ご興味のある方はどうぞ~♪。)

b0170666_8221828.jpg


なんだか怖い写真になってしまいましたが・・・。
赤いマークがかわいいです!

状態はあまり良くないけれど
ようやく登場してくれたローリングピン。
水が入れられないので、コルクが付いている意味があまりなくても(笑)
大切に使います。
マーケットの神様&ジャンク商のおじさん、ありがとう~☆


ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
# by londomania | 2010-03-07 08:29 | キッチンツール
パンケーキの日
2月16日はパンケーキの日でした。
Lent(四旬節)の前に粉や卵を使ったものを食べよう!(たぶん)という
イギリスの伝統行事なのですが、
うちにはクリスチャンはいないので
日本でクリスマスにケーキを食べるのと同じような
単なるイベントの日になっています。

わたしにとってパンケーキといえば
アメリカ式のフカフカ生地でバターとメープルシロップを
たっぷり浸み込ませたのをパクリ、なのですが
イギリス式パンケーキは薄いのです。
クレープよりも少し分厚いくらいでしょうか。
これを、レモン汁と粉砂糖で食べるのがイギリス流なんですって。
このレモンと砂糖の組み合わせ、わたしはまったくおいしいと思えないので
1人でバターとハチミツとか、ジャムとか
ヌテッラ(これ最強)とかで食べていますが
夫の親戚からは、信じられないものを見る目で見られています。

去年わたしが作ったフカフカパンケーキがよっぽど気に入らなかったらしく
今年は夫が義母からレシピを入手してました。
せっかくなので、記事の最後にご紹介しておきますね。
特別おいしいわけではありませんが、
素朴な材料と素朴な作り方なので
誰が作っても失敗なく、イギリスパンケーキの味になりますよ。

b0170666_774493.jpg


レモン汁と粉砂糖を振りかけてから、
こんな風にくるくる丸めて、ナイフで切りつつ食べてみてください。
冷めるとあまりおいしくないので
暖かいうちに召し上がるのがいいかと思います。

[イギリス風パンケーキ]
材料
 小麦粉 4オンス(110g)
 卵 1個
 牛乳 1/2パイント(280ml)
 塩 小さじ半分
 サラダ油 適量

1.大きめのボールに小麦粉と塩をあわせてふるう。
2.粉の真ん中にくぼみを作って卵を割り入れ、泡だて器(もしくはフォーク)でよく混ぜる
3.粉っぽさがなくなったら、泡だて器でかき混ぜながら牛乳を少しずつ注ぎいれる。
4.全体がクリーム状になるまで泡だて器で混ぜる。
5.(できれば)テフロン仕様のフライパンに薄く油をひき、生地を薄く(クレープ2~3枚分くらいの厚さ)ひく
6.表面が生乾きになってきたら、ひっくり返して火が通るまで焼く

パンケーキをひっくり返すときに、
フライパンを振って空中に飛ばそうとする人が多いです。プププ。

おいしくできますように。
[PR]
# by londomania | 2010-02-19 09:53 | 手作りもの
フレンチヴィンテージのテープ kawaii
マーケットにやってくるフレンチヴィンテージのストール。
可愛い手芸品やお洋服を売っていて
ちょっと覗いては、ついついいろいろ買ってしまいます。

最近気になるのはテープ!
なんとも可愛いのです。

b0170666_4224561.jpg


さくらんぼ柄と、子供柄。
こういうのもチロリアンテープって呼ぶのかしら。
息子用なので、水色を選んでみました。
でもちょっとキュートすぎかな。

フランス製なのか、そもそもヴィンテージなのかもわかりませんが
出自はあまり気になりません。
何を作ろうかな~。



ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
# by londomania | 2010-02-18 04:56 | 手芸道具
フェニックス印ミルクガラスのミルクジャグ
先日、 catswhiskersさんのブログで、
わが家のフェニックスのボウル同じパターンのマグを発見!
これがもう可愛すぎて、ときめきました。
ボウルもいいけど、マグはさらに素敵です。
わたしも欲しーい。

なので、先日のマーケットの一番の目的はこのマグカップ。
フェニックスのマグ、フェニックスのマグ、と心の中でつぶやきながら
目を光らせていました。
するとダンボールの中に、パイレックスではない
半透明な光沢のミルクガラスがあるではないですか。
大きさ的にもマグっぽい。
これやっ、と釣り上げたのが・・・・

こちらでした。

b0170666_962126.jpg


惜しい。
フェニックスのミルクジャグです。
このクチバシさえなかったらな~。
これも可愛いからいいんだけど!



ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
# by Londomania | 2010-02-16 09:20 | 食器
古びたビスケット缶
サビサビの缶が好きなのです。

b0170666_843742.jpg


サビてなくてもいいのですが
わたしが好きな可愛い絵柄のものって
たいてい古くて、たいていサビてる。

これなんて、缶の表面がボロボロすぎて
女の子の表情がよくわからなくなっていますが、
でもなかなかいい味がでています。

b0170666_845024.jpg


この子は、お顔立ちが少しオリエンタルなんですよね~。
髪も真っ黒だし。
不思議な絵です。

そして、こういう箱ものをマーケットやチャリティショップで見つけると・・・
そう、たいてい中に以前の持ち主の物が入ったままになっています。
これがワクワク・・・というよりビクビク(笑)
うっかりかびたビスケットが入っていたり、
虫さんが住処にしていたりしたら、と思うと怖くて
ヘッピリ腰でフタを開けることになります。

b0170666_8524348.jpg


今回は、古いボタンが大量に入っていました。
ボタンも、ものによってはワーイ♪なんですけど、
今回は、いかにもおじいさんとおばあさんの古着から大切に取り分けました風の
しぶーいお色柄・・・。
これはチャリティショップに行って頂きましょう。

一番上の写真のリボンは、フランスヴィンテージものを扱っている
リボン屋さんで買いました。
手芸が得意なお友達へのプレゼントです。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
# by londomania | 2010-02-12 08:54 | 雑貨