ロンドンうろうろ
uroulondon.exblog.jp

蚤の市やチャリティショップから連れて帰ってきたものたちを綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
<名前>
 u
<出身>
 京都
<これまで住んだところ>
 大阪、東京
 カナダ、エチオピア
<いま住んでいるところ>
 ロンドンの下町
<家族>
 英国人の夫と息子
<趣味>
 古い雑貨の収集
 料理

メールはこちらまで
 
リンクフリーです。
Twitterでもつぶやいています。

Twitter / Londomania
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
バービカン♡
ロンドンには好きな建物が沢山あるけれど、
一つ選ぶとしたら、迷わずバービカン・センター。
中にいるだけで幸せになれる建物です。
直線づかいもフォントも色も、もう何もかも大好き。
主に映画を観に、だいたい月イチくらいで訪れているのだけれど
いつも映画が始まるずいぶん前に到着してうろうろうろうろ・・・
終わったあとも、うろうろうろうろ・・・・
とにかく右も左も上も下も、目に入るもの全てが大好きです!!

そんなバービカンへの愛を込めた写真たち。
携帯カメラで撮ったものなので、ピントがおかしいものが多いですが、
マニアの方だけお楽しみください。

b0170666_8381615.jpg


b0170666_8375478.jpg


b0170666_8372629.jpg


b0170666_836489.jpg


b0170666_8362141.jpg


b0170666_8354689.jpg


あー、いつかバービカンに住みたいなー。
何度挑戦しても、ぜんぜん気に入る写真が撮れないのだけれど
バービカン・エステートの感じも好きやなあ。
[PR]
# by londomania | 2011-01-29 08:40 | その他イギリス
冬至から約1ヶ月・・・
ようやく日が長くなりはじめました!!(嬉)

とにかく冬の辛いイギリスで、真っ暗な毎日に心が折れそうになるたびに
冬至さえ越えれば・・・と、祈るような気持ちで待ち望んでいたのに
12月23日になっても一向に明るくならず。
それどころか、1月過ぎてもなんだかさらに暗くなってない?と思うほど
どんよりしたお天気が続いて
クリスマス明けで疲れてるし(イギリスのクリスマスは疲れます)、
しばらく楽しい予定はないし、
お金もないし、
もうほんとにしんどい数週間でした。

でもとうとう日が長くなっていることを実感できるようになり、
さらにこの2、3日、珍しくお天気がよかったこともあって
わたしだけではなくどうやら周りの人たちも
みんな気分が上昇中のようです。
(しかも給料日も近づいている)

昨日は満月のような大きな月が空にかかって、
今日は朝からこんな雲が空いっぱいに広がっていました。

b0170666_626279.jpg

(国会議事堂前にて)

こういう雲ってなんていうんでしょう?
うろこ雲?ひつじ雲?
いいことが起こりそうな素敵な空だったけれど、
いま検索してみたら、天気が悪くなる前兆らしいですね。
ははは・・・。
[PR]
# by londomania | 2011-01-20 06:32 | その他イギリス
Roaのグラフィティ
ひっそり更新・・・笑

ExciteブログのiPhoneアプリで更新できることを発見したので、
これからは短めの記事をもう少し頻繁に更新できるといいなあと思ってます。

先日(といっても去年の話ですが)、東ロンドンのブリックレーンに
同僚とカレーを食べに行ったのですが
そこで以前グラフィティの記事で紹介したRoaというアーティストのグラフィティを
偶然2つも発見しました!

携帯のカメラしかなくて、しかも夜なので
あまり画像がよくないのですが
やっぱりすごくカワイイので載せておきます。

鳥(暗い!!)と・・・

b0170666_5412415.jpg


ネズミ。

b0170666_5421861.jpg


署名があるわけではないけれど、このタッチはRoaですよね~。
東ロンドンはこれまでアウェイだったのですが、
去年からシティで働き出して少し行きやすくなったので
これからはもっと探検したいと思います。
未だに見損ねてるRoaの巨大ウサギ(こちらのサイトにあるもの♪)を
まずは見に行かなきゃ。

オマケ

ステンシルのオオカミは家の近くで発見。

b0170666_5424139.jpg

[PR]
# by londomania | 2011-01-20 05:42 | その他イギリス
Fire Kingのワンハンドルキャセロール
先日、永住権の申請のために南ロンドンのクロイドンという街に行ってきました。
クロイドンに行くのは初めて。
申請にはすっごく時間がかかってぐったりしましたが
(予約制なのに3時間待ち・・・)
せっかくなのでちょっとハイストリートの方も散歩してきました。
大きなショッピングセンターがあって、便利そうなところです。
イギリスには珍しく新しいビルが立ち並んでいるので
ミニマンハッタンというニックネームもあるようですが・・・
それはちょっと言いすぎかなー?という感じ(笑)

でも、知らない街をブラブラするのは楽しいぃぃ。
ハイストリートの端っこにはチャリティショップも何軒かあったので
もちろん、もれなくチェック。
そして、ファイヤーキングのワンハンドルキャセロールを発見しましたー。

b0170666_4224175.jpg


Green Meadow(グリーンメドウ)というパターンで、
60年代後半から70年代中頃にかけて生産されていたもののようです。

パイレックスでは作られなかったので、
イギリスではなかなか出会いがない
ミルクガラスのワンハンドルキャセロール。
わが家にあるのもグラスベイクとファイヤーキングというアメリカ出身者ばかりなのですが
これ、見た目が可愛いだけじゃなくて使い勝手もいいのです。
特にオーブングツグツ系のお料理のときに
持ち手が長いのは便利なんですよ。
他にもちょっとお菓子を入れたり、果物を入れたり・・・。
もっと欲しいと思っていたので、見つかってうれしい!

こういう出会いがあるので、チャリティショップを素通りできないんですよね~。
しかもこんなに可愛くて、使った形跡のないピカピカのFire Kingが
4つセットで2ポンドでした。
ロンドン中心部ではありえない値段!郊外バンザイ!!

永住権も取れたし、可愛い器も見つけたし、
なかなか実り多いクロイドン訪問でした。
おいしいベトナム料理やさんもあるらしいし
クロイドン、機会があったらまた行ってみたいかも。
[PR]
# by londomania | 2010-07-18 06:33 | 食器
Hornseaのストレッジジャー(Heirloom)
出会ったころは~こんな日が~来るとは思わずにいた~♪

気に入ったシリーズだけを集めるつもりだった
Hornseaのテーブルウェアシリーズ、
気が付いたらエアルームもブロンテもサフランも
家中に溢れています。
特に沢山あるのがストレッジジャー。
もともと入れ物好きな上に、コレクター気質も相まって
持っていないものがジャンクなお値段で出てくると思わずお買い上げ。
いまいったい何個持っているのか・・・数えたくない・・・。

エアルーム(日本ではヘアルームとも呼ばれているみたいですが)も
昔はワタシは緑が好き♪とか言ってた気もしますが
いつの間にやら全色揃ってました。
ホーンジーのストレッジジャーは、3種類のサイズ展開です。

b0170666_1904876.jpg


使いやすいのは一番小さいサイズと、一番大きいサイズ。
大きいサイズは場所はとりますが
小麦粉が一袋全部入るので、とっても便利。
写真のように「ビスケット」と書いてあるものと
「フラワー(小麦粉)」というのを持っています。

以前にも書きましたが、上記3色のうち青がレアなのです。
クラッピソンの意図した薄い青ではなくて
濃い青の見本品で注文が来てしまったので
そのまま生産しましたが結局あまり売れず、
すぐに廃盤となったのだとか。
確かにパターンと地の色の区別が付かず
文字も見えづらい!
なのに見つけると買ってしまうこの性格・・・
まだまだストレッジジャーは増え続けそうです。
[PR]
# by londomania | 2010-06-06 22:03 | キッチンツール