ロンドンうろうろ
uroulondon.exblog.jp

蚤の市やチャリティショップから連れて帰ってきたものたちを綴ります
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
<名前>
 u
<出身>
 京都
<これまで住んだところ>
 大阪、東京
 カナダ、エチオピア
<いま住んでいるところ>
 ロンドンの下町
<家族>
 英国人の夫と息子
<趣味>
 古い雑貨の収集
 料理

メールはこちらまで
 
リンクフリーです。
Twitterでもつぶやいています。

Twitter / Londomania
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
タグ
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Hornseaのストレッジジャー(Heirloom)
出会ったころは~こんな日が~来るとは思わずにいた~♪

気に入ったシリーズだけを集めるつもりだった
Hornseaのテーブルウェアシリーズ、
気が付いたらエアルームもブロンテもサフランも
家中に溢れています。
特に沢山あるのがストレッジジャー。
もともと入れ物好きな上に、コレクター気質も相まって
持っていないものがジャンクなお値段で出てくると思わずお買い上げ。
いまいったい何個持っているのか・・・数えたくない・・・。

エアルーム(日本ではヘアルームとも呼ばれているみたいですが)も
昔はワタシは緑が好き♪とか言ってた気もしますが
いつの間にやら全色揃ってました。
ホーンジーのストレッジジャーは、3種類のサイズ展開です。

b0170666_1904876.jpg


使いやすいのは一番小さいサイズと、一番大きいサイズ。
大きいサイズは場所はとりますが
小麦粉が一袋全部入るので、とっても便利。
写真のように「ビスケット」と書いてあるものと
「フラワー(小麦粉)」というのを持っています。

以前にも書きましたが、上記3色のうち青がレアなのです。
クラッピソンの意図した薄い青ではなくて
濃い青の見本品で注文が来てしまったので
そのまま生産しましたが結局あまり売れず、
すぐに廃盤となったのだとか。
確かにパターンと地の色の区別が付かず
文字も見えづらい!
なのに見つけると買ってしまうこの性格・・・
まだまだストレッジジャーは増え続けそうです。
[PR]
by londomania | 2010-06-06 22:03 | キッチンツール