ロンドンうろうろ
uroulondon.exblog.jp

蚤の市やチャリティショップから連れて帰ってきたものたちを綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
プロフィール
<名前>
 u
<出身>
 京都
<これまで住んだところ>
 大阪、東京
 カナダ、エチオピア
<いま住んでいるところ>
 ロンドンの下町
<家族>
 英国人の夫と息子
<趣味>
 古い雑貨の収集
 料理

メールはこちらまで
 
リンクフリーです。
Twitterでもつぶやいています。

Twitter / Londomania
カテゴリ
以前の記事
タグ
人気ジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
パンケーキの日
2月16日はパンケーキの日でした。
Lent(四旬節)の前に粉や卵を使ったものを食べよう!(たぶん)という
イギリスの伝統行事なのですが、
うちにはクリスチャンはいないので
日本でクリスマスにケーキを食べるのと同じような
単なるイベントの日になっています。

わたしにとってパンケーキといえば
アメリカ式のフカフカ生地でバターとメープルシロップを
たっぷり浸み込ませたのをパクリ、なのですが
イギリス式パンケーキは薄いのです。
クレープよりも少し分厚いくらいでしょうか。
これを、レモン汁と粉砂糖で食べるのがイギリス流なんですって。
このレモンと砂糖の組み合わせ、わたしはまったくおいしいと思えないので
1人でバターとハチミツとか、ジャムとか
ヌテッラ(これ最強)とかで食べていますが
夫の親戚からは、信じられないものを見る目で見られています。

去年わたしが作ったフカフカパンケーキがよっぽど気に入らなかったらしく
今年は夫が義母からレシピを入手してました。
せっかくなので、記事の最後にご紹介しておきますね。
特別おいしいわけではありませんが、
素朴な材料と素朴な作り方なので
誰が作っても失敗なく、イギリスパンケーキの味になりますよ。

b0170666_774493.jpg


レモン汁と粉砂糖を振りかけてから、
こんな風にくるくる丸めて、ナイフで切りつつ食べてみてください。
冷めるとあまりおいしくないので
暖かいうちに召し上がるのがいいかと思います。

[イギリス風パンケーキ]
材料
 小麦粉 4オンス(110g)
 卵 1個
 牛乳 1/2パイント(280ml)
 塩 小さじ半分
 サラダ油 適量

1.大きめのボールに小麦粉と塩をあわせてふるう。
2.粉の真ん中にくぼみを作って卵を割り入れ、泡だて器(もしくはフォーク)でよく混ぜる
3.粉っぽさがなくなったら、泡だて器でかき混ぜながら牛乳を少しずつ注ぎいれる。
4.全体がクリーム状になるまで泡だて器で混ぜる。
5.(できれば)テフロン仕様のフライパンに薄く油をひき、生地を薄く(クレープ2~3枚分くらいの厚さ)ひく
6.表面が生乾きになってきたら、ひっくり返して火が通るまで焼く

パンケーキをひっくり返すときに、
フライパンを振って空中に飛ばそうとする人が多いです。プププ。

おいしくできますように。
[PR]
by londomania | 2010-02-19 09:53 | 手作りもの
フレンチヴィンテージのテープ kawaii
マーケットにやってくるフレンチヴィンテージのストール。
可愛い手芸品やお洋服を売っていて
ちょっと覗いては、ついついいろいろ買ってしまいます。

最近気になるのはテープ!
なんとも可愛いのです。

b0170666_4224561.jpg


さくらんぼ柄と、子供柄。
こういうのもチロリアンテープって呼ぶのかしら。
息子用なので、水色を選んでみました。
でもちょっとキュートすぎかな。

フランス製なのか、そもそもヴィンテージなのかもわかりませんが
出自はあまり気になりません。
何を作ろうかな~。



ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by londomania | 2010-02-18 04:56 | 手芸道具
フェニックス印ミルクガラスのミルクジャグ
先日、 catswhiskersさんのブログで、
わが家のフェニックスのボウル同じパターンのマグを発見!
これがもう可愛すぎて、ときめきました。
ボウルもいいけど、マグはさらに素敵です。
わたしも欲しーい。

なので、先日のマーケットの一番の目的はこのマグカップ。
フェニックスのマグ、フェニックスのマグ、と心の中でつぶやきながら
目を光らせていました。
するとダンボールの中に、パイレックスではない
半透明な光沢のミルクガラスがあるではないですか。
大きさ的にもマグっぽい。
これやっ、と釣り上げたのが・・・・

こちらでした。

b0170666_962126.jpg


惜しい。
フェニックスのミルクジャグです。
このクチバシさえなかったらな~。
これも可愛いからいいんだけど!



ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by Londomania | 2010-02-16 09:20 | 食器
古びたビスケット缶
サビサビの缶が好きなのです。

b0170666_843742.jpg


サビてなくてもいいのですが
わたしが好きな可愛い絵柄のものって
たいてい古くて、たいていサビてる。

これなんて、缶の表面がボロボロすぎて
女の子の表情がよくわからなくなっていますが、
でもなかなかいい味がでています。

b0170666_845024.jpg


この子は、お顔立ちが少しオリエンタルなんですよね~。
髪も真っ黒だし。
不思議な絵です。

そして、こういう箱ものをマーケットやチャリティショップで見つけると・・・
そう、たいてい中に以前の持ち主の物が入ったままになっています。
これがワクワク・・・というよりビクビク(笑)
うっかりかびたビスケットが入っていたり、
虫さんが住処にしていたりしたら、と思うと怖くて
ヘッピリ腰でフタを開けることになります。

b0170666_8524348.jpg


今回は、古いボタンが大量に入っていました。
ボタンも、ものによってはワーイ♪なんですけど、
今回は、いかにもおじいさんとおばあさんの古着から大切に取り分けました風の
しぶーいお色柄・・・。
これはチャリティショップに行って頂きましょう。

一番上の写真のリボンは、フランスヴィンテージものを扱っている
リボン屋さんで買いました。
手芸が得意なお友達へのプレゼントです。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by londomania | 2010-02-12 08:54 | 雑貨
サイケなプレースマット
先日のマーケットでは、こんなものも見つけました。

b0170666_7272366.jpg


この70年代な感じがたまらない~。
サイケなパターンのプレースマット(ランチョンマット)です。
色も模様も、チープなプラスチックの素材も、
言うことなし!
大好きです。
なんかロードムービーに出てきそうじゃないですか?
どこかの場末のカフェで使われている感じ。

ただ、残念ながら、夫は気に入らないそうなので
これはわたしと息子の朝食&ランチタイム専用になりました。
可愛いのになーーー。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by Londomania | 2010-02-10 07:38 | キッチンツール
レトロなガラス小鉢
ちょっとレトロな雰囲気のものを見つけました。

b0170666_1526392.jpg


ミルクガラスも可愛いけれど、こういう色つき透明ガラスも大好きです。
この小鉢は、直線の入り方と、地のザラザラの触感が
グーーーッときました。
こういうデザインって、いまではあまり見かけなくなりましたね。
特にザラザラ部分。
昭和のおうちの窓なんかには、よく使われていたように思うのですが。

気泡の入り方や角が磨耗しているところから
わりと年代物だとは思うのですが
詳しいことはよくわかりません。

こういう、救い出さないとうっかり捨てられてしまいそうな
でも素敵なレトロな食器やキッチン道具を
ダンボールの底から拾い上げてくる瞬間がうれしくて
今日もいそいそとマーケットに出勤しては
家の中をモノだらけにしています。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by Londomania | 2010-02-05 17:55 | 食器
Old Pyrexのボール(Hunting Scene)
オールドパイレックスには
パステルカラーでラブリーなパターンが多く
それが人気の理由のひとつだと思うのですが
たまに、えっ!?キッチン用品にこの模様?と
驚くようなものがあったりします。

たとえば、先日のマーケットで見つけた
これとか・・・ 

馬です。

b0170666_9305155.jpg


1960年代に製造が開始されたもので
キツネ狩りの様子が描かれています。
パターン名は、ハンティング・シーンもしくはフォックス・ハンティング。

16世紀頃からイギリスの上流階級のスポーツとして人気が高かったキツネ狩りは
残酷であるとして、2004年に法律で禁止されました。
それでも、いまでもキツネ狩りを楽しむ人は数多くいるようで
ボクシングデーにはよくニュースになっています。
(本物のキツネを追っているとか、いないとか・・・)

このキツネ狩り、とてもイギリスらしい絵だと思いますが
普段使いのミキシングボールに描くには
若干不自然じゃないでしょうか。
やたらと写実的だし・・・。

といいつつも、以前よりこのパターンはとっても気になっていたので
ようやく出会えて嬉しかったです。
よく見ると、色も5種類くらい使って描かれていて
プリントとしても、かなり凝っているんですよね。
単色や2色使いの多いパイレックスには
ちょっと珍しいパターンです。

このキツネ狩り模様のミキシングボール、
我が家では、息子用の丼として使うつもりです。
多少Politically incorrectではありますが
一応動物柄だし、パイレックスだから丈夫だし
案外いいアイデアではないかと思っています。


余談ですが、ロンドンには野生のキツネがたくさん住んでいて
夜中になると住宅地でもよく見かけます。
最初、猫だと思って近づいていったらキツネだったので
とてもビックリしました。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by Londomania | 2010-02-03 09:48 | キッチンツール
Old Pyrexのキャセロール(Snowflake)
先週のマーケットはいろいろと楽しいものを見つけました。
長くて辛いイギリスの冬ですが
こういう日があると、テンションあがります。
遠くからでも一目でこれー!!と、ときめいたのは・・・

b0170666_21504118.jpg


オールドパイレックスのキャセロールです。
キャセロールはもう買わない、と何度もこのブログで宣言しているけれど
こんなに可愛いのはスルーできないでしょう~。
しかも新品のようにピカピカ。

スノーフレークは以前にも見つけているので
特に裏のマークを確認することなくお持ち帰り。
おうちに帰って年代を調べようとひっくり返してみて
初めて気がつきました。
この方、アメリカさんやわ。

b0170666_2234289.jpg

(見づらいですが・・・)

いつもの王冠マークのJAJパイレックスではなく
Made in USAの文字が入っています。
こちらで、アメリカのパイレックスに出会うのは2度目。
きっと誰かの引越しと一緒に海を渡ってきたのね~、と
さらになんだか嬉しくなりました。

アメリカパイレックスのことはあまり詳しくないわたし。
いつも眺めているPyrex Loveというサイトに情報を仕入れにいったところ、
ちょうどトップページの記事が、このキャセロールでした。
すごい偶然!
この写真の右下のキャセロールが色も形もサイズもまったく同じものです。

それにしても、このスノーフレーク、イギリスのもアメリカのも
まったくパターンが同じです。
こういうものもあるんですね。

b0170666_922048.jpg


この日のマーケットの戦利品は、まだ続きます。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by Londomania | 2010-02-02 09:27 | キッチンツール