ロンドンうろうろ
uroulondon.exblog.jp

蚤の市やチャリティショップから連れて帰ってきたものたちを綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
<名前>
 u
<出身>
 京都
<これまで住んだところ>
 大阪、東京
 カナダ、エチオピア
<いま住んでいるところ>
 ロンドンの下町
<家族>
 英国人の夫と息子
<趣味>
 古い雑貨の収集
 料理

メールはこちらまで
 
リンクフリーです。
Twitterでもつぶやいています。

Twitter / Londomania
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
タグ
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:手作りもの( 2 )
パンケーキの日
2月16日はパンケーキの日でした。
Lent(四旬節)の前に粉や卵を使ったものを食べよう!(たぶん)という
イギリスの伝統行事なのですが、
うちにはクリスチャンはいないので
日本でクリスマスにケーキを食べるのと同じような
単なるイベントの日になっています。

わたしにとってパンケーキといえば
アメリカ式のフカフカ生地でバターとメープルシロップを
たっぷり浸み込ませたのをパクリ、なのですが
イギリス式パンケーキは薄いのです。
クレープよりも少し分厚いくらいでしょうか。
これを、レモン汁と粉砂糖で食べるのがイギリス流なんですって。
このレモンと砂糖の組み合わせ、わたしはまったくおいしいと思えないので
1人でバターとハチミツとか、ジャムとか
ヌテッラ(これ最強)とかで食べていますが
夫の親戚からは、信じられないものを見る目で見られています。

去年わたしが作ったフカフカパンケーキがよっぽど気に入らなかったらしく
今年は夫が義母からレシピを入手してました。
せっかくなので、記事の最後にご紹介しておきますね。
特別おいしいわけではありませんが、
素朴な材料と素朴な作り方なので
誰が作っても失敗なく、イギリスパンケーキの味になりますよ。

b0170666_774493.jpg


レモン汁と粉砂糖を振りかけてから、
こんな風にくるくる丸めて、ナイフで切りつつ食べてみてください。
冷めるとあまりおいしくないので
暖かいうちに召し上がるのがいいかと思います。

[イギリス風パンケーキ]
材料
 小麦粉 4オンス(110g)
 卵 1個
 牛乳 1/2パイント(280ml)
 塩 小さじ半分
 サラダ油 適量

1.大きめのボールに小麦粉と塩をあわせてふるう。
2.粉の真ん中にくぼみを作って卵を割り入れ、泡だて器(もしくはフォーク)でよく混ぜる
3.粉っぽさがなくなったら、泡だて器でかき混ぜながら牛乳を少しずつ注ぎいれる。
4.全体がクリーム状になるまで泡だて器で混ぜる。
5.(できれば)テフロン仕様のフライパンに薄く油をひき、生地を薄く(クレープ2~3枚分くらいの厚さ)ひく
6.表面が生乾きになってきたら、ひっくり返して火が通るまで焼く

パンケーキをひっくり返すときに、
フライパンを振って空中に飛ばそうとする人が多いです。プププ。

おいしくできますように。
[PR]
by londomania | 2010-02-19 09:53 | 手作りもの
グラニーブランケット
たまには手作りものなど。
息子が生まれてから、めっきり手芸から遠ざかっているので
今のところ、最後の大作(笑)です。

息子のために、カギ針パッチワークで作ったブランケット。

b0170666_7415619.jpg


写真が遠いのは、これ以上近影できないひどい網目だからです・・・。
実は、これまで編み物は棒針編み専門で、
カギ針を触るのは、高校の家庭科の授業以来。
でも、編み物の本でこのブランケットを見てどうしても編みたくなり
妊娠中にせっせとモチーフを作りました。
その数、225枚!
途中で飽きて投げ出していた時期もあり、
結局、半年くらいダラダラと編み続けていました。

さらに、仕上げの縁編みは陣痛の最中に・・・(笑)
陣痛が始まっても、5分間隔になるまで自宅待機だったので
気を紛らわせるために、ずっと編み物をしていました。
おかげで完成が出産に間に合いましたけど。

一つ一つのモチーフは、かなりガタガタの網目なのですが
つないでしまえば、それなりに見え・・・ますよね!?
ところで、わたしは知らなかったのですが
このモチーフはグラニースクエアというらしいです。
完成品を義母に見せたところ
「まあ、Granny Blanket(おばあちゃんのブランケット)ね!」と言われ
新生児用のブランケットの名前が「おばあちゃんのブランケット」なんて・・・
と、少しガッカリしました(笑)

さて、同じようなことを義姉も考えていたようで
彼女からの出産祝いは、息子のために3ヶ月間夜なべをして作ってくれた
パッチワークのキルトでした。

b0170666_759278.jpg


虹色のキルト。可愛いです。
こちらは縫い目も綺麗で、プロみたい。
彼女の気持ちも、とてもとても嬉しかったです。

そんなわけで、生まれた瞬間から
伯母と母の愛情を込めた手作りキルトとブランケットに包まって寝ている息子。
寝顔を見るたびに、
What a lucky boy!と(一つは自作ですが)思うのです。

ランキングに参加しています。
今回はアンティーク関係ではありませんが、
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by Londomania | 2010-01-21 08:04 | 手作りもの