ロンドンうろうろ
uroulondon.exblog.jp

蚤の市やチャリティショップから連れて帰ってきたものたちを綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
<名前>
 u
<出身>
 京都
<これまで住んだところ>
 大阪、東京
 カナダ、エチオピア
<いま住んでいるところ>
 ロンドンの下町
<家族>
 英国人の夫と息子
<趣味>
 古い雑貨の収集
 料理

メールはこちらまで
 
リンクフリーです。
Twitterでもつぶやいています。

Twitter / Londomania
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:マーケット&蚤の市( 4 )
アンティークマーケット(Bermondsey)
先週の金曜日にバーモンジー・アンティークマーケットに行きました。
大学生の頃に行ったのが最後なので、じゅ・・・10年ぶり?
時が経つのは早いですね。

バーモンジーはシティの東側、イーストエンドにあります。
このマーケットは10年前は場末の駐車場が会場になっていて
早朝から人がひしめき合い、お宝がありそうな感じでいっぱいだったのですが・・・。

b0170666_5411688.jpg


あれ?
なんだか小奇麗になってます。

b0170666_5422361.jpg


そしてちょっと閑散としています。

この辺りは数年前に再開発されたそうで、
ずいぶんと雰囲気が変わっていました。
駐車場は石畳のマーケットスペースに。
さらに以前、屋内アンティークマーケットがあった建物は
コンビニエンスストアになっていました。

以前の怪しい雰囲気がすごく好きだったので、少しガッカリ。
欲しいものもなかったので、何も買いませんでしたが
せっかくイーストエンドに来たので、周辺を散歩して帰りました。
ミッドセンチュリーな雰囲気のある建物が沢山あって、楽しかったです。

b0170666_5192517.jpg


b0170666_522471.jpg


b0170666_524766.jpg


そして散歩の後は、パブで一杯。

b0170666_528030.jpg


にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
↑ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。
[PR]
by londomania | 2009-05-29 05:28 | マーケット&蚤の市
カーブーツセール(Battersea)
今回は、いつもコメントを下さるRisaさん&rumbaさんからリクエストを頂いていた
蚤の市(カーブーツ・セール)のレポートです♪
カーブーツ・セールは、不要なものを処分するための日本でいうところのフリーマーケットで
10ポンドくらい払えば、誰でも出店することができます。
入場料は無料のところから、高いところでもだいたい1ポンドくらいまで。
イギリスのあちらこちらで週末に開催されており
場所によって雰囲気もサイズもまちまちです。
家の中のものを持ってきました、という近所の人たちでいっぱいのところもあれば
チープな電化製品や衣類を売っている業者が半分以上を占めているところもあり・・・。

カーブーツ・セールの面白いところは、何が出てくるかわからないところ。
値段も、業者のストールではマーケットやショップとあまり変わらない値段ですが
おうちの不用品を処分しているストールではビックリするほど安かったり
逆にビックリするほど高かったり(笑)
でも全体的には、お手ごろ価格のものが多いので
掘り出し物が見つかる可能性も大!

そんなカーブーツ・セール、
昨日は交通の便がいいのと小規模ながらも個人のストールが多いので気に入っている
Battersea(バタシー)に行ってきました。

バタシーはポッシュなブティックやアンティークショップの多いチェルシーから
テムズ河をはさんで向かい側。
この可愛いチェルシー橋を通ります。
(帰り道に撮ったので、バタシー側からチェルシーを見たところです)

b0170666_22583288.jpg

※一眼レフを持っていかなかったので、今回写真が全てイマイチでごめんなさい。

カーブーツ・セールの会場は、Battersea Tec Collegeの校庭です。
入場料50ペンスを払って入ります。
開場前には、行列ができていることもよくありますよ。
出口で手にスタンプを押してくれるので、一旦外に出てまた戻ってくることもできます。

b0170666_232357.jpg


中の雰囲気はこんな感じ↓
この日はお天気が悪かったのでけっこう空いていました。
混んでいる日は、バーゲン会場?と思うくらい、押し合いへし合いになることも。

b0170666_2335796.jpg


掘り出し物はあるかしら?

b0170666_23111041.jpg


これで1つ3ポンドは高いなあ。

b0170666_23114977.jpg


こっちの業者のお店は1つ50ペンス、3つで1ポンド。
探せば、いいものがみつかるかも。

b0170666_23133963.jpg


でもカーブーツ・セールでは、こういう普通のおうちのストールのほうが気になります♪

b0170666_2317480.jpg


ロンドン市内&郊外で定期的に開催されているカーブーツ・セールは
このTime Outのページが参考になります。
また、このサイトには、直近の予定が掲載されています。

この日連れて帰ってきたものたちは、また別記事でご紹介しますね。
カーブーツ・セールの様子、ご参考になれば幸いです。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
↑ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。
[PR]
by londomania | 2009-05-18 23:35 | マーケット&蚤の市
アンティークフェア(Alexandra Palace)
日本はゴールデンウィークですね。
イギリスにはゴールデンウィークはありませんが、
先週末は三連休でした。
祝日が少ない国なので、たまのお休みはうれしーい。
日曜日には、以前から楽しみにしていた
Alexandra Palaceのアンティークフェアに行きました。

年に4回開催されるこのアンティークフェアは
「アール・デコと20世紀」がテーマで、
かなり私が好き~☆な感じのお店がずらずらずらっと並んでいていました。
20世紀以降のものがほとんどなので、
本当の意味でのアンティーク(100年以上前のもの)はあまりありませんが、
その分お値段も控えめで、手の届くものが多かったです。

b0170666_4431516.jpg


感じのいいディーラーさんが多くて、
コーニッシュウェアのニセモノの見分け方(笑)など、いろいろと教えてもらいました。
最近、古いコーニッシュウェアが欲しくて、いろいろと探しているのです。
このフェアでは、とっても状態のいい60年代以前の麺棒を発見!
でもお値段80ポンドなり~、で、怖気づいて一旦その場を離れたのですが、
もう一度見てみよう!と戻ったところ、売れてしまっていました・・・。

b0170666_582469.jpg


スージー・クーパー様(笑)のストール。
やっぱり可愛い。
15ポンド前後のものが多かったです。
日本の友人へのお土産によいかも。

b0170666_5375189.jpg


スカンジナビア関係のストールはいくつかあって、
グスタフベリが沢山ありました。
ものすごーく、欲しかった!!
でもスウェーデン旅行を企画しているので、ガマンガマン・・・。

普段のガラクタ市での宝探しも楽しいですが、
アンティークフェアできちんとしたクオリティのものを沢山見るのも
いいものですよね~。
(ジャンクっぽいお店も中にはありましたが・・・。)
ただこのアンティークフェア、とっても閑散としていました。
ブース数も少なかったし、お客さんの数もまばらな感じ。
去年まではブース数はこの2~3倍、
通路は歩くのも大変なくらいの大混雑だったらしいのですが
やっぱり不況の影響でしょうか。
ちょっと寂しかったです。

ここで買ってきたものは、また別記事で紹介しますね。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
↑ランキングに参加しています。
[PR]
by londomania | 2009-05-06 06:07 | マーケット&蚤の市
また大漁
ロンドンにはアンティークマーケットが沢山あります。

有名なのは、映画「ノッティングヒルの恋人」の舞台になったポートベロー・マーケット。
特にアンティークディーラーが店をオープンする毎週土曜日は
旅行者とアンティークファンですごい人ごみです。

b0170666_205913.jpg


そのほかには、観光客が少ないのでじっくり探しやすいカムデン・パッセージ。
質のいいアンティークやコレクタブルが多いです。
こちらは毎週水曜日と土曜日に開催です。

b0170666_2053324.jpg


ロンドンの中心地にあって観光の途中に立ち寄りやすいのはコベント・ガーデン。
常設のかわいいお店も沢山ありますが、
アンティークマーケットは月曜日に開催しています。

b0170666_2095633.jpg


フィガロ・ジャポンで取り上げられてから、日本人に大人気なのは
ロンドン郊外にあるサンバリー・マーケット。
隔週火曜日に開催です。
とても大規模なマーケットで、商品も多岐に渡っています。
昼過ぎにはどんどんお店が閉まっていくので、朝イチに行くのがポイント。

b0170666_206599.jpg


夜が明ける前から、本気のコレクターが懐中電灯を持って集まるのが
バーモンジーマーケット。
金曜日開催です。

     ☆

アンティークやコレクタブルのコレクターなら、
マーケットに出店している専門ディーラーへ。
でもわたしがいつも探すのは、どこかのおうちが処分した家財一式を
整理もせずに叩き売っているジャンク商です。
めぼしいものはすでにオークションで売られているので、
そこに残っているのは、オークションの売れ残りと
オークションに出すまでもないガラクタたち。

b0170666_20132484.jpg


埃だらけで、ダンボールの中にぐちゃぐちゃにつっこまれているので
一瞬どうせ全部ゴミでしょ、と思うのですが、
時間をかけて探すと、けっこういいものがあるんですよ。
特にイギリス人の家にならどこにでも転がっているような
オールドパイレックスやミッドセンチュリーの普段使い用の食器は
専門のディーラーよりもこういうところでざくざくと出てくるので
宝探し的なワクワク感もあって、
マーケットでジャンク商を見かけたら思わず立ち寄ってしまいます。
朝イチはディーラーも掘り出し物を探していたりするので、
彼らが何を買うのかチェックして勉強したり・・・。

そんなマーケットでの今回の宝探し。
ちょっとポッシュなおうちからやってきたのでしょうか?
古い本や陶器の置物が多くありました。
わたしも、普段なら手を出さないものたちに思わず触手が伸び・・・。
またこんなに沢山買ってしまいました。

b0170666_1843595.jpg


少しづつご紹介していきますね。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by londomania | 2009-05-01 20:23 | マーケット&蚤の市