ロンドンうろうろ
uroulondon.exblog.jp

蚤の市やチャリティショップから連れて帰ってきたものたちを綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
<名前>
 u
<出身>
 京都
<これまで住んだところ>
 大阪、東京
 カナダ、エチオピア
<いま住んでいるところ>
 ロンドンの下町
<家族>
 英国人の夫と息子
<趣味>
 古い雑貨の収集
 料理

メールはこちらまで
 
リンクフリーです。
Twitterでもつぶやいています。

Twitter / Londomania
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:雑貨( 14 )
Lesney社Matchboxのミニカー
カーブーツやマーケットでよく見かける
ミニカーが大量に放り込まれた段ボール。
息子と一緒に漁っているうちに、
自分でも集め出してしまいました。

b0170666_2365011.jpg


Lesney社Matchboxのダイカストは
箱入り&ミントのものが100ポンド以上で売り買いされている人気のコレクターアイテムだけど、
使い古されたハゲハゲは高くても10ポンドくらい。
(ものにもよると思いますが。)
わたしが集めてるトラクターや
コンクリートミキサー車なんかの働くクルマたちは
特にあまり人気がないらしく、
1ポンドくらいの価値しかありませんが
細かいところまで良くできていて
色も形もかわいいので、気に入ってます。
[PR]
by londomania | 2011-08-14 02:17 | 雑貨
Hornseaのポット(Studiocraft)
お久しぶりです!
カメラを新しく購入し、復活しました。
・・・が、手こずっています。
トイカメラだから当然といえば当然だけれど
一眼レフと比べると、なかなか思うように撮れないのですよね。

最近出会ったお宝♡

b0170666_6581518.jpg


ホーンジー、スタジオクラフトの植木鉢(プラントポット)です。
クラッピソンのデザインで、1960年発売のもの。
この型では、大中小と3サイズ出ているのですが
たぶん一番小さいものだと思います。

ホーンジーで一番よく見かけるのは
サフランやエアルームなどのテーブルウェアなので
クラッピソン・コレクターとしては、
こういう生産数の少ないレアアイテムが
ひょっこりジャンクなストールに並んでいたりすると
テンションがむちゃくちゃ上がります。
ほんとに滅多に出会えないんですよー。

わかりにくいかもしれませんが、
この凹凸感やちょっと北欧っぽい雰囲気が
いかにもクラッピソンのデザイン。
同じパターンで横長の花瓶の方が独特の雰囲気があって素敵なのですが、
さすがにそちらはジャンクな風情がないので
ちゃんとしたところに出回るんだろうな~。
これは、いうてもただの植木鉢ですからね・・・。
[PR]
by londomania | 2010-05-31 20:05 | 雑貨
古びたビスケット缶
サビサビの缶が好きなのです。

b0170666_843742.jpg


サビてなくてもいいのですが
わたしが好きな可愛い絵柄のものって
たいてい古くて、たいていサビてる。

これなんて、缶の表面がボロボロすぎて
女の子の表情がよくわからなくなっていますが、
でもなかなかいい味がでています。

b0170666_845024.jpg


この子は、お顔立ちが少しオリエンタルなんですよね~。
髪も真っ黒だし。
不思議な絵です。

そして、こういう箱ものをマーケットやチャリティショップで見つけると・・・
そう、たいてい中に以前の持ち主の物が入ったままになっています。
これがワクワク・・・というよりビクビク(笑)
うっかりかびたビスケットが入っていたり、
虫さんが住処にしていたりしたら、と思うと怖くて
ヘッピリ腰でフタを開けることになります。

b0170666_8524348.jpg


今回は、古いボタンが大量に入っていました。
ボタンも、ものによってはワーイ♪なんですけど、
今回は、いかにもおじいさんとおばあさんの古着から大切に取り分けました風の
しぶーいお色柄・・・。
これはチャリティショップに行って頂きましょう。

一番上の写真のリボンは、フランスヴィンテージものを扱っている
リボン屋さんで買いました。
手芸が得意なお友達へのプレゼントです。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by londomania | 2010-02-12 08:54 | 雑貨
Bootsの古いキャンディ缶
今日は久しぶりに朝からマーケットに行って来ました。
うううぅ、寒いっ。
でもやっぱり朝早くから活動すると、1日が長く使えていいですね。
もちろん、マーケットで面白いものも見つかるし!

こんな古びたキャンディ缶に出会いました。

b0170666_612069.jpg


ビタモルト・トフィーの缶です。
今ではもう見かけませんが、ビタモルト・トフィーとは
麦芽糖と肝油にビタミンを混ぜて
トフィー(キャラメル)にしたものみたいですね。
この缶、全体的にサビサビですが
色合いも、フォントも可愛くて
一目で気に入りました♪

発売元はいつもお世話になっているBootsです。

b0170666_6485139.jpg
b0170666_654224.jpg


デザインはほぼ変わっていませんが、
昔のロゴに入っていた「Pure Drug Co. Ltd」の文字が消えていますね。

サイトによると、1849年にジョン・ブートさんがノッティンガムで
小さなハーブのお店をオープンしたのが
Bootsの起源のようです。
今ではイギリスを代表する大企業のひとつ。
夫曰く、イギリスの伝統的な大衆チェーンストアといえば
過去何十年もの間ずっと、
Boots、WHSmith、Sainsbury's、Tesco、Woolworthの5つだったそうです。
Woolworthは2年前に閉店してしまいましたが・・・。

この缶を見ながら
どんな服装をしたお母さんが買って、
どんな子供がこのトフィーを食べてたのかな~
などと考えていると、あっというまに時間が経ってしまいます。

時代背景などがよくわからないこの缶ですが、
中のビタモルト・トフィーがなくなったあとの使い道については
すでに明らかになっているんですよ。

元の持ち主の手による、こんなシールがついていました。

b0170666_736992.jpg


輪ゴムが入ってたみたいです(笑)
こういうのん、ほのぼのするな~。


☆おまけ☆
1月に入ってから、よく雪が降るロンドンです。
寒いのも暗いのも嫌いなわたしですが、
雪景色には少しテンションがあがります(笑)

カメラを持って、近所の公園に行ってきました。

b0170666_9425053.jpg

一面の雪景色です。

b0170666_9431938.jpg

池も半分くらい凍って・・・鳥たちも寒そう!

b0170666_944641.jpg

楽しそうなカップルがいました。

b0170666_9465855.jpg

これはお正月に義母のおうちを訪れたときに作ったスノーマン。
なかなか可愛くできました。
[PR]
by Londomania | 2010-01-16 07:13 | 雑貨
古い洗濯ばさみ
ずいぶん更新が滞ってしまいました。
この間まで親戚が日本から遊びに来ていたのですが、
連日観光に付き合うというのは疲れますねー。
特に、うちにはベビーカー嫌いの歩くゼロ歳児がいるので
教会でも、美術館でも、レストランでも
いつ暴れだすか、叫びだすか、戦々恐々としていました。

趣味のマーケット&チャリティショップ巡りも若干滞っていて
我が家から徒歩5分のマーケットにしか最近は行っていませんが
ここのお宝出現率は相変わらず高いです!
先日はBochのポットが地面に転がっていました。
もちろん、誰かが蹴飛ばして割れる前に救出。
記事にしたいのですが、なかなかピンとくる写真が撮れないので
しばらくお待ち下さい・・・。

こんなものも見つけました。

b0170666_627659.jpg


カゴの中に入っている木製のものたち、何かご存知ですか?

b0170666_629146.jpg


これ、洗濯ばさみなのです。
バネがないのであまり分厚いものもあまり薄いものも干せない、というシロモノですが
義母のおうちでは現役で使われています。
褪せた木の風合いがなかなか素敵ですよね。
おうちの中でちょっとしたインテリアに使うのがいいかもと連れて帰ってきました。

ちなみに、最初の写真で洗濯ばさみが入っているカゴは
たぶん野菜をゆでるときに使うものだと思うのですが・・・。
質感が可愛くて思わず買ってしまいましたが、まだ使っていません。

ランキングに参加しています。
クリックで応援、よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by londomania | 2009-11-30 06:43 | 雑貨
おうちセール
2週間前ほどのことになりますが
お天気がよかったので、なんとなくライ方面に向かってドライブをしていました。
こーんな細い道をくねくね進んでいると・・・

b0170666_0185440.jpg


突然、手書きの「Sale」の文字が。
家の売り出しには見えないし、
セール?なんの??と思いながら立ち寄ってみたところ
なんと、おうちを開放して
家の中の家具や雑貨を売り出していました。
見た瞬間に、テンションが一気にアップ(笑)
売っているものも古いホーローやらキャニスターやら木箱やら・・・
もうめーっちゃくちゃ可愛いかったです。
そして庭では、近所の人がこれまた不用品を売っていたり
ケーキを売っていたり、紅茶を売っていたり。
そして訪れた人たちが、裏庭でのんびりお茶しています。

カメラを取り出せる雰囲気ではなかったので
残念ながら写真はないのですが
かなりノックアウトな光景でしたよ。
もうライはどうでもよくなり
このおうちセールでうっかり2時間ほど過ごしてしまいました。
もちろんお茶もしましたよ!

で、このおうちセールには欲しいものが満載だったのですが
残念ながら、このとき手持ちの現金があまりなくて・・・
厳選に厳選を重ねてこんなものたちを連れて帰ってきました。

b0170666_152662.jpg


後ろの大きいのは帽子用の鞄です。
色と形に一目ぼれしました。
おうちの人によるとヴィクトリア時代のものだそうですが
本当かな?
我が家では、雑誌入れになりました。
普通のマガジンラックだと、息子が雑誌を全部引っ張り出してしまうので・・・。

右側のカゴは、丸い形が珍しいなあと思って購入。
緑と黒の編みこみも田舎っぽくて可愛いです。
取っ手のところだけツヤツヤしているのも
使い込まれた感じがして素敵。

カゴの隣の小さいものは、料理用のタイマー。
チープな色&形&プラスチックの質感が気に入りました。
使っている間中、カチカチ音がして
時間が来ると、ジリリリリとものすごい音がしますが
片手でひねるだけでセットできるのが案外使いやすくて
我が家のキッチンですでに活躍中です。

その隣にあるのは、ホーローのキャンドルスタンドです。
まだ一度も使っていませんが・・・ホーローものが、大好きなので。

そしてその後ろにあるのが、昔の国語の教科書です。
夫曰く、40年代くらいのものじゃないかとのことですが
どうでしょうか。
年代はわかりませんが、中がとっても可愛いので
2冊も買ってしまいました。

b0170666_4594295.jpg
b0170666_513189.jpg


けっこう課題が難しい。
英単語力が貧弱なわたしには、
Bl、Pl、Stから始まる単語を12個、すぐに思いつける自信がありません・・・。

それにしてもこのおうちセール、ほんとに楽しかったです。
こういうものに出会うのは初めてだったのですが
けっこうイギリスでは見かけたりするものなのでしょうか。
今回は、偶然通りかかってラッキーでした。

ランキングに参加しています。
クリックで応援、よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by londomania | 2009-10-08 05:17 | 雑貨
Made in Japanの壷 kawaii
今日はスピタルフィールドでジャパン祭なるものが開催されているとのことで
それに家族揃って行くはずだったのですが
ランチの後で息子が昼寝をし始め、
「集団昼寝タイム?」と、夫まで昼寝をし始め・・・
もう2時すぎなんですけどっ(怒)
こうやって、今週末もなし崩しに終わってしまいそうです。

さて、わたしは基本的には直線的なものやシンプルなデザインのものが好きで
それほどロマンティックなデコレーションには惹かれないのですが、
たまに突然カワイイもの好きの日本人の血が騒ぐことがあります。
昨日出会ったこの壷にも、心の「カワイイ・スイッチ」を押されまくり
連れて帰らずにはいられませんでした。

b0170666_22264490.jpg


可愛すぎませんかー??
アニヤみたいな真ん中のリボン&パステルな花柄&
ロープ模様の縁取り&黄色いヒダヒダボトムに加えて、
写真では見えづらいのですが
蓋の取っ手が薔薇の花になっているんですよ。

高さは20センチくらいで大きすぎず、小さすぎず、使い道わからず・・・(笑)
状態もあまり良くなくて、ヒビも小さな欠けもあるのですが
それでもこれは買いだ!!と両手でしっかり抱えて
鼻息荒く、いつも愛想の悪いおじさんのところに持っていったところ
「おー、それいいだろう?4ポンド」と、
なんだか破格に高いではありませんか。
このおじさんの店で1つ3ポンド以上のものなんて、
よっぽどの大物(ソファとか)以外ないんですよ。

「せめて3ポンドやろ?」
「いや、これはまけられない4ポンド」
という押し問答をしばらくした後で、
フェニックスのボール(また今度紹介します)つきで4ポンド、
というところに落ち着きました。
大枚はたいてしまった・・・。
でも「カワイイ・スイッチ」がずっと押されっぱなしだったので(笑)
どうしてもおいて帰れませんでした。

それもそのはず、実はこれ、カワイイものの得意な日本製なのです。

b0170666_22402037.jpg


Japan、そして、桜とKの文字。
このマークをどこかで見たことがあるのですが(どなたかのブログだったでしょうか・・・?)
思い出せません。
Japanと入っているということは、輸出用に作られたものなのかしら。
古ぼけ具合&状態の悪さからみても
30年くらいは前のものだと思うのですが
ネットでもうまく検索できなくてわかりませんでした。
由来をご存知の方がいらっしゃったら、ぜひ教えて下さいね。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
↑ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。
[PR]
by londomania | 2009-09-19 23:06 | 雑貨
ヴィンテージのバースディカード kawaii
普段は使わない方の駅の近くで魚屋さんを見つけたので
なんとなく入ってみたら
「日本人?今日は新鮮なハマチが入ってるよ。
お刺身用に切ってあげようか」と言われて驚愕しました(笑)

今までは、お刺身が欲しいときは、ピカデリーサーカスにある日本食材店か
アクトンという郊外にある日本食材店まで車で行っていたのに
まさか徒歩圏内のイギリス人経営の魚屋さんで、購入可能だったなんて。
ついでにマグロもイカも「サシミ クオリティ」だというので
ためしに買ってみましたが、どれも普通においしかったです。
ロンドンすごいなあ。

わたしがこれまで住んだことのある海外は、カナダのド田舎とエチオピアで
どちらもお刺身どころか新鮮な魚すら入手を望むべくもなかったので
ロンドンでの生活のしやすさに、本当に有難みを感じています。
見どころは多いし、マーケットは楽しいし
いいところです、ロンドン。

さて、今日マーケットでこんな可愛いカードを見つけました。

b0170666_0361417.jpg


Mia Cardという会社によって、50年代に作られたバースディカードです。
あまりにも可愛かったので、1才用~9才用まで9種類全部買っちゃいました。
レトロな色合いと少し劣化した紙の感じがとっても好み。
中も可愛いんですよ。

4才のバースディカードの表は2匹のネコ。

b0170666_043689.jpg


中はこんな感じで、ネコの赤と青の手袋を探してね!とあります。

b0170666_0442544.jpg


1才と9才のカードも可愛い~☆
ONEのフォントの中の花柄や、ペンギンのファンキーなマフラーがたまりません。

b0170666_051288.jpg


6才の男の子と女の子の絵も大好きです。
イギリス製ですが、なんだか少し昭和っぽいですよね。

b0170666_0472886.jpg


息子の誕生日に毎年1枚づつ使おうと思ったのですが
見れば見るほど、可愛すぎて使えない(笑)
先日見つけたクバシュタの絵本同様、これも息子の手元には届かず
わたしの宝物箱にしまいこまれることになりそうです。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
↑ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。
[PR]
by londomania | 2009-05-31 01:06 | 雑貨
ヴォイチェフ・クバシュタの絵本
先日蚤の市から連れて帰ってきたもの第2弾。
70年代後半に、チェコスロバキアで印刷された絵本です。
著者名は、ヴォイチェフ・クバシュタ。

b0170666_213470.jpg


ヘンデルとグレーテルのしかけ絵本なんですけど、
もう絵がめっちゃくちゃ可愛いのです♪
お菓子も魔女も子供たちも、なんでこんなに可愛いの~☆☆
その上、しかけもとてもよくできています。

あまりの可愛さに、一目見て即購入したのですが
家に帰って調べてみると、このヴォイチェフ・クバシュタ(1914-1992)は
チェコスロヴァキアの有名なしかけ絵本作家さんでした。
チェコスロヴァキア時代のプラハで国営出版社Artiaによって印刷された彼の作品は
共産時代の外貨獲得手段として、海外で多く発行されていたようです。
この本もイギリスで発行されていて、中のお話は英語で書かれています。
そんな彼の絵本はコレクタブルになっていて、今ではプレミアもついているみたい。

そんなことは何も知らないで買ったのですが、
びっくり、というより、やっぱり、です。
だって、ほんとに普通じゃない可愛さ&しかけなんですよ!!

b0170666_2413980.jpg


魔女にチョイチョイ、と呼ばれて中に入ったら
ドアを閉める魔女が不適な笑みを浮かべていたり。
(あっ、この写真だと顔が見えない・・・ごめんなさい)

b0170666_242152.jpg


魔女の家の中はこんなに立体的。

b0170666_244758.jpg


クライマックスでは、魔女が左右に動きます。

b0170666_2453791.jpg


こんなに凝っているのに破れているところもなく、完璧なコンディション。
買ったときは息子にいいかもと思ったのですが
もう絶対触らせません(笑)
わたしの宝物です。
古本ばかり売っていたおじいさんのストールで、50ペンスでした。
彼のほかの作品にも出会いたいな。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
↑ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。
[PR]
by londomania | 2009-05-22 03:01 | 雑貨
ヴィンテージのガラス瓶
いまチェルシーフラワーショーが開催中で、
毎日BBCで特集番組が組まれています。
会場には、いろいろなテーマで素敵なお庭が造られていて
それがどれもこれもとっても可愛い。
ずいぶん前から行きたいと思っていたのに、
チケット買わなきゃ~と思っているうちに売り切れていました。
とってもショック(涙)
今年はウェブサイト&テレビで楽しみます。

そんなチェルシーの目と鼻の先、バタシーのカーブーツ・セールから
先日連れて帰ってきた子たちの紹介、第一弾。

b0170666_21403299.jpg


ミネラルウォーターを入れて食卓に置くためのガラス瓶を
ずっと探していたのですが、ようやく発見しました♪
気泡が大量に入ったチープな作りも、
エンボスで浮き彫りになった文字のフォントも
とっても可愛いんですよ~。

アメリカ製で、20年代か30年代のものだと思います。
どうやらエセ飲み薬(笑)が入っていた模様。
マジカルオイルとか、魔法のような効き目!とか書いてあります。

b0170666_7134826.jpg


ただ、飲み水を入れるためにはまず中を完璧に綺麗にしなくては・・・。
重曹がいいらしいので、試してみるつもりです。

カーブーツセールの普通のおうちのストールで売られていたこの瓶たち。
欲しかったのは大きな瓶だけなのですが、
大きい瓶が30ペンス、小さい瓶が1つ10ペンスと
あまりにも安かったので、小さい方も一緒に連れて帰ってしまいました。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
↑ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。
[PR]
by londomania | 2009-05-20 07:29 | 雑貨