ロンドンうろうろ
uroulondon.exblog.jp

蚤の市やチャリティショップから連れて帰ってきたものたちを綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
<名前>
 u
<出身>
 京都
<これまで住んだところ>
 大阪、東京
 カナダ、エチオピア
<いま住んでいるところ>
 ロンドンの下町
<家族>
 英国人の夫と息子
<趣味>
 古い雑貨の収集
 料理

メールはこちらまで
 
リンクフリーです。
Twitterでもつぶやいています。

Twitter / Londomania
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Melittaのコーヒーフィルター&ポット
なんだか番外編にとってもいい反応を返して頂いて
若干ブログの方向性に不安を感じつつありますが(笑)
今回はいつものキッチン雑貨です。

わが家では、コーヒーはずっとプレス式で入れています。
でもなんだかおいしく入らなくて、
ドリップ式に変えようかしら・・・と思っていたところに
マーケットの隅の方に出るストールで
ちょうどいいものを見つけました。

b0170666_6471446.jpg


陶器というのも、パステルカラーも、中のギザギザも素敵。
スマートなスタイルなのに、やさしい感じがしますよねー。
浮き上がったロゴ&数字にも
ミッドセンチュリーな雰囲気があります。

これは、ドイツのメリタ社から1960年代ごろに発売されていた
陶器のコーヒーフィルターです。
知らなかったのですが、
メリタ社は、ペーパードリップシステムを発明した会社だとか。
今ではよく見るこの三角錐型のフィルターも、
メリタ社が開発したものなのだそうです。

フィルターの底には穴が3つ開いていますが
ほんとは、コーヒーはゆっくりドリップしたほうがいいので
いま売られているものは、ほとんどが1つ穴になっているとのこと。
ロゴの下の102というのはサイズを示していて
1度に4~6杯のコーヒーを入れることができます。

とまあ、こんなウンチクは
わたしも後になって調べるまで知らなかったのですが
メリタ社のヴィンテージフィルターは
ヨーロッパやアメリカでけっこうなコレクティブルになっているようで
ネットに沢山写真が載っていました。
そして、そのうちのいくつかの写真で
このフィルターが同色のポットの上に乗っていたのです。

実はこのフィルターを買ったストールでは、
ポットも別に売られていたんですよ。
でも、セットのポットがなくてもフィルターは使えるし
だいたいわが家にはすでにポットが腐るほどあるのに
さらにもう一つ増やす必要もあるまい・・・と
そちらは置いてきました。

が、しかし。
一緒になっている写真を見ていると、
やっぱりポットもほしーーい!
絶対セットの方がカワイイ!!

いつものジャンク商のおじさんストールだったら
見つかる可能性ゼロですが
(金曜日にめぼしいものはほとんど売れてしまうし
土曜日の夕方になったらおじさんが捨ててしまう(笑))
このフィルターを買ったおじさんのストールはほとんど人が来ないので
1週間後でもまだ売ってる可能性アリ!
次の金曜日の朝にすごい勢いで駆けつけましたよー。

そしたら、おじさん来てないし。

その次の週も来ないし。

もうポットには出会えないんだ・・・
どうしてあの時一緒に買わなかったの・・・
どうせタダみたいな値段なのに(爆)・・・
と、うちでフィルターを見るたびにグジグジ後悔していましたが
なんと今朝のマーケットで、おじさんとポットに再会することができましたー!!

ばんざーい、ばんざーい、ばんざーい。

b0170666_6401282.jpg


むふふ。
これこれ、これがしたかったのです。
やっぱりセットの方が素敵ですよね~。
自分にガッカリしすぎて、買ってから一度も触っていなかった
というより、あえて見ないようにしていたフィルターですが
これでようやく使えそうです。
おいしいコーヒーが入れられるといいな。




にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
↑ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。
[PR]
by londomania | 2010-03-20 06:02 | キッチンツール