ロンドンうろうろ
uroulondon.exblog.jp

蚤の市やチャリティショップから連れて帰ってきたものたちを綴ります
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
<名前>
 u
<出身>
 京都
<これまで住んだところ>
 大阪、東京
 カナダ、エチオピア
<いま住んでいるところ>
 ロンドンの下町
<家族>
 英国人の夫と息子
<趣味>
 古い雑貨の収集
 料理

メールはこちらまで
 
リンクフリーです。
Twitterでもつぶやいています。

Twitter / Londomania
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Old Pyrexのグレービーボート
ずいぶん前に、JP印のクリアガラスグレービーボートを見つけたのに
スルーしちゃって今とっても後悔
、と書いたことがあるのですが
あれから他の方のブログで3回も!このグレービーボートが
紹介されているのを見かけ、
そのたびに地団太を踏んでいます。
きぃぃぃぃ。

そんなわけで、このクリアガラスグレービーボートは
わたしの探したいものリストのトップにずっとあったわけですが
ようやくとうとう先々週末にいつものストールで出会うことができましたー♡

b0170666_10265220.jpg


はい、ちょっと違いますね。
色が付いてるし、大きさも欲しかったのよりちょっと大きい。
さらにJPではなくてPyrexと王冠マークなので、時代も少し新しいです。

この単色はColourwareというシリーズで
ミルクガラスではなく、クリアガラスに塗料が吹き付けてあるところが
他の単色のパイレックスとは異なっています。

Colourwareはわりと見かけるものなのですが
この塗料、どうやらすぐにハゲハゲになってしまうみたい。
なかなか状態のいいものがなかったので
手に入れるのはこのグレービーボートが初めてです。
くすんだ緑というややダサめの色合いも
イギリスのパイレックスらしくていい感じ。

でも、JP印の欲しかったものではないんですよねー。
ほんとに一旦は、出てきてくれたんですよ。
クリアガラスのグレービーボート。
ところが、一緒にいた夫にどれだけこれが欲しかったかを力説し
見たいという夫にグレービーボートを渡し
ちょっと違うダンボールを見に行っている間に・・・・

割・り・ま・し・た

割りました。
チップひとつない完璧な状態で50年以上の時を重ねたオールドパイレックスを
夫が割りました。
あまりにもガッカリして、しばらく言葉が出ませんでしたわ。
ようやく出た言葉は「You are so crap」で、
その後もクラップ、クラップ、クラップ、クラップ×∞。
夫も自分にガッカリして、泣きそうになってましたけどね。

険悪なムードで別のストールを眺めていたら
顔見知りの兄ちゃんのところで、このグレービーボートを発見!
100%納得はしないけど、まあこれもカワイイし連れて帰ろうかなーと
値段を聞いたところ、

タダでくれました(笑)

イギリス人にとって、オールドパイレックスが如何に価値がないものかを
物語るエピソードですよね。
ちなみに割れた方も、お金を払おうとしたら
別にそんなのいらないから、そっちのゴミ箱に捨てておいて
と言われました。
それはそれで、ちょっと悲しかったワタクシでした。
[PR]
by londomania | 2010-03-11 11:02 | キッチンツール