ロンドンうろうろ
uroulondon.exblog.jp

蚤の市やチャリティショップから連れて帰ってきたものたちを綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
<名前>
 u
<出身>
 京都
<これまで住んだところ>
 大阪、東京
 カナダ、エチオピア
<いま住んでいるところ>
 ロンドンの下町
<家族>
 英国人の夫と息子
<趣味>
 古い雑貨の収集
 料理

メールはこちらまで
 
リンクフリーです。
Twitterでもつぶやいています。

Twitter / Londomania
カテゴリ
以前の記事
タグ
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Midwinterのデザートプレート(Spanish Garden)、J&G Meakinのデザートプレート(Topic)
実は、日本にいる妹からいろんな種類の(でもどこかしら同じトーンの)
デザートプレートを5枚探して送れ、という
めんどくさい素敵ミッションを受けておりまして
最近はいつもそれが気になっています。

デザートプレート自体はそれほど見つけるのは難しくないのですが
どうしても表面にナイフ傷があるものが多くて
なかなか状態のいいものに巡り合えません。
ヴィンテージショップで買えばすぐなんですけど、
値段がぜんぜん違うし
それにやっぱり自力でマーケットやチャリティショップの
ガラクタの中から見つけたいんですよ~。

でも先日、ようやくこれいいんじゃない?というものが見つかりました。

b0170666_9223736.jpg


ちょっとお皿にピントが合ってませんが・・・。
右上のお皿はミッドウィンターのスパニッシュガーデンです。
ジェシー・テイトのデザインで、1968年から1982年まで販売されていました。
Fine Shapeというシリーズの中で一番売れたパターンです。
それだけにミッドウィンターの中ではわりと見かける方で、
ジャンク商のおじさんのところにも
よくディナーセット一式が登場しています。

左下のお皿は、J&G ミーキンのトピックというパターン。
Alan Rogersのデザインで、1967年に発売されました。
昭和な花柄がカワイイ♡

J&G ミーキンは1950年代~60年代に人気のあった家族経営の窯元で
ミッドセンチュリーらしいデザインの食器を
沢山送り出していました。
1968年にはミッドウィンターがJ&G ミーキン傘下となったため、
それ以降はジェシーテイトによるデザインが登場しています。

この2つのお皿、同じ青系の花柄というだけじゃなくて
時代が近いからか
雰囲気もなんとなく似てますよねー。
同じテーブルに並んでたら、かわいいと思うな。
妹のリクエストにちゃんと答えてるんじゃないかしら?
でもこれでようやく2枚。あと3枚見つけないと。
赤系とか黄色系を混ぜたいかも。

こちらもいつものマーケットで1枚50P。
ヴィンテージショップで買ったら3ポンドくらいはしちゃうので
関西人として「こんなに安く買えたで!!(鼻息)」という
満足感もバッチリでした。


PS あ、ちなみにお皿の下のサイケな花柄の布もマーケットから。
   先日リボンを買ったフレンチヴィンテージのストールで購入しました。
   まだ使い道は決めてませんが、こんな風にプレースマットにするのもいいかな~。

PS2 今週、Bethnal Greenに行く用事があるので、
   ベビーカー連れでも入れる雰囲気のいいカフェや
   ヴィンテージショップのお店などの情報を集めています。
   詳しい方がいらっしゃれば、ぜひいろいろ教えて下さい♪  


ずいぶん長い記事になってしまいました。
ごめんなさい。


ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by londomania | 2010-03-08 09:03 | 食器