ロンドンうろうろ
uroulondon.exblog.jp

蚤の市やチャリティショップから連れて帰ってきたものたちを綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
<名前>
 u
<出身>
 京都
<これまで住んだところ>
 大阪、東京
 カナダ、エチオピア
<いま住んでいるところ>
 ロンドンの下町
<家族>
 英国人の夫と息子
<趣味>
 古い雑貨の収集
 料理

メールはこちらまで
 
リンクフリーです。
Twitterでもつぶやいています。

Twitter / Londomania
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
タグ
その他のジャンル
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
DenbyのC&S(Chevron)
あまり掘り出し物に出会えないロンドンのチャリティショップですが
このところ、ぽつりぽつりちょっと心を惹かれるものを見かけます。
先日はロールストランドのモナミのスープポット(巨大)と
ホーンジーのブロンテのコーヒーポットを発見。
どちらも心惹かれたのですが
スープポットは使わないし置く場所ないし、
コーヒーポットは値段が釣りあっていなかったので
そのまま置いて帰ってきました。

でもこういうのって、家に帰ってから果たして正しい決断だったのか
ちょっと悩んでしまいますよね・・・。

いい出会いもあって。
少しづつ集めているデンビーのシェブロン、またC&Sを見つけました。

b0170666_7551026.jpg


これでようやく2つ。
デンビーは、おばあちゃん風デザインのものも多いけれど、
このChevronと、Studioは好きで集めたいなあと思っています。
ただ、デンビーはチャリティショップでも良く出てくるのですが、
残念ながらこの2つのシリーズとはあまり縁がありません。
たまに見かけてもとっても高かったりして。

このC&Sは大きくて深めのソーサーが
重厚な質感とよく合っています。
持ち手にデザイン性があるところも好き。
大きめカップなので、イギリスの暗くて寒い日に
たっぷり暖かい飲み物を入れるのにいいですよね。

以前も書きましたが、
シェブロンはGill Pembertonによってデザインされたシリーズで
1962年から1978年まで製造されていました。
彼のデザインしたものでは、Arabesque(アラベスク)が有名ですが
わたしはArabesqueはあまり好きではありません・・・。
なんかクドイ。
こういう風に温かみのあるコンテクストで使えば
素敵なのだろうと思うのですけれど。


写真はこちらのサイトから。
レトロな感じが素敵なポスターです。

それにしても長くて暗くて寒いイギリスの冬。
早く暖かくなって欲しい~(切実)

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by londomania | 2010-01-29 08:18 | 食器